閉じる

ニュース・フラッシュ

ザンビア:輸出及び通過のためSakania国境を正式に承認

 2022年5月29日付けメディアによると、政府は財務・国家計画省を通じて、DRコンゴへの輸出品や通過品の通過を可能にするため、同国との国境にあるSakania国境を正式に承認した。Paul Kabuswe財務・国家計画大臣代理によって署名された2022年の法定文書第36号の発行により、法定文書に記載されている指定商品・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ザンビア:Mopani Copper Mines社、価格上昇に伴いコバルト生産再開を計画

 2022年5月24日付けメディアによると、ザンビアMopani Copper Mines社は、国際価格の暴落により10年以上前に停止したコバルト生産を再開する予定である。国有企業ZCCM-IH社の最高投資責任者であるBrian Musonda氏は、価格の上昇はコバルト処理を再開する強い経済的理由であると語り、2023・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ・ザンビア:GED Africa Routeプロジェクトのコンセッション契約に署名

 2022年5月20日付けメディアによると、プロジェクト管理会社GED Africa社は、DRコンゴインフラ省、DRコンゴの建築会社Agence Congolaise des Grands Travaux社と2022年4月11日、多国間インフラプロジェクトであるGED Africa Routeプロジェクトに関し、DRコ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ザンビア・DRコンゴ:投資家がアフリカのCopperbelt地域に駆け戻っている

 2022年5月13日付けメディアによると、アフリカ中央部のCopperbelt地域から一度去ろうとした鉱業投資家達が、再びこの地域に戻ってきている。ザンビアとDRコンゴの国境にある森林地帯にあるCopperbelt地域は、銅やコバルトといった鉱物の世界で最も豊かな宝庫の一つである。しかし、欧米の鉱山会社は長年にわたる・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト マンガン リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ザンビア:エネルギー危機からグリーンエネルギーへ

 2022年5月12日付けメディアによると、ザンビア国有企業ZCCM-IH社のDolika Banda取締役会長はMining Indaba2022において「ザンビアは、エネルギー危機によって発電能力の増強と低炭素の再生可能エネルギー源への移行を同時に行うことができる状況を生み出した」と語った。
 ザンビアでは不安定・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ザンビア:英Arc Minerals社、Anglo American子会社とJV探査へ

 2022年5月12日付け英ジュニア探鉱会社Arc Minerals社の発表によると、同社はAnglo American子会社と契約を締結した。本契約では、Arc社がザンビア北西部のCopperbelt地域に所有する銅・コバルト探鉱案件についてJVを形成する予定であり、Anglo Americanは現金での支払い最大1・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ザンビア・DRコンゴ:加Barrick Gold社、アフリカの銅プロジェクト参入へ

 2022年5月10日付けメディアによると、加Barrick Gold社は、世界で最も重要な金属のひとつである銅の事業拡大を目指し、ザンビアとDRコンゴの両国で銅のプロジェクトを探している。同社は既にザンビアに銅鉱山を所有しており、2022年4月にはパキスタンで7bUS$の銅・金プロジェクトの計画を発表した。銅は脱炭素・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ザンビア:加First Quantum Minerals社、Kansanshi銅鉱山の拡張とEnterpriseニッケルプロジェクトを承認

 2022年5月8日付けで加First Quantum Minerals(FQM)社は、Kansanshi銅鉱山のS3拡張及びEnterpriseニッケルプロジェクトが承認されたと発表した。
 Kansanshi鉱山のS3拡張工事では、現在の選択的な高品位中規模採掘から深部で大きな割合を占める比較的低品位な硫化鉱石の・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ザンビア:Vedanta社、Konkola Copper Mines社の経営に復帰できれば投資を約束

 2022年5月8日付けメディアによると、印Vedanta Resources社は、現在係争中のKonkola Copper Mines(KCM)社に関し、経営に復帰できればKCM社への投資を強化し、いくつかの社会的責任プログラムを実施する、と政府宛ての書簡によって申し出た。2019年5月にザンビアの前政権はKCM社を・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ザンビア:大統領、Mopani銅鉱山とKonkola銅鉱山に言及

 2022年4月26日付けメディアによると、2022年4月25日、ザンビアのHakainde Hichilema大統領は、政府がMopani銅鉱山の生産拡大に向け民間投資家の確保に近づいている、と述べた。ザンビアは2021年1月にGlencoreからMopani銅鉱山を買収し1.5bUS$の負債を負い、以降、増産のため・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ