閉じる

ニュース・フラッシュ

ジンバブエ:豪MetalsGrove社、高品位のリチウムプロジェクトを取得

 2023年12月11日付けのプレスリリースによると、豪MetalsGrove社は、ジンバブエの現地法人La Rich Resources社及びCN Mining Syndicate社からArcturasリチウムプロジェクト及びBeatriceリチウムプロジェクトを取得したと発表した。両プロジェクトは、450千t/年の・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ジンバブエ:政府、リチウム鉱山業者に精製計画の提出を要請

 2023年11月30日付けのメディア情報によると、ジンバブエのMthuli Ncube財務大臣は、リチウム鉱山業者に対しバッテリーグレードのリチウム製錬所に係る精製計画を2024年3月31日までに提出するよう要請したと報じた。同国は2022年、リチウム鉱石の輸出を禁止し、精鉱に5%の輸出税を課している。同大臣は「炭酸・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ジンバブエ:電池用リチウムの国内生産を鉱山会社に要請

 2023年6月1日付けメディアによると、ジンバブエのWinston Chitando鉱山大臣は同年5月30日、国内で操業しているリチウム鉱山会社に対し電池用リチウムの現地生産に向けた取り組みを求め、将来的なリチウム精鉱輸出への課税の可能性について言及した。ジンバブエはリチウムが同国経済の回復に寄与することを期待してい・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

世界の鉱業の趨勢2022 ジンバブエ ―データ集―

ジンバブエ・ナミビア:リチウムブームの中での利益確保のため国内加工・精製産業の開発を狙う

 2023年2月9日付けメディアによると、リチウムが豊富なジンバブエやナミビア等のアフリカ諸国は、電池材料の世界需要による利益をより多く確保するために、加工・精製産業の開発を試みている。これは単に資源を採掘するだけでなく、付加価値化と呼ばれる輸出前の加工を行うことを意味する。ナミビアのTom Alweendo鉱山大臣は・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ジンバブエ:全ての未加工鉱石・鉱物の輸出を原則禁止、貴金属・貴石等を除く全鉱物が対象

 2023年1月9日付けメディアによると、ジンバブエでは特別な免除を受けない限り、全ての未加工鉱石・鉱物の輸出が即座に禁止となった。2023年の法定文書5号で官報に掲載されたベースミネラル輸出管理(未加工ベースミネラル鉱石)令によれば、一定の加工レベルに達していない、採掘または採石された原料の輸出が禁止となる。ベースミ・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) プラチナ クロム リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ジンバブエ:ジンバブエのリチウム輸出禁止令が施行

 2022年12月19日付けメディアによると、政府はクリーンエネルギー革命の恩恵を受け、自国内での高付加価値化を可能にするため、リチウム原料の輸出を禁止した。Emmerson Mnangagwa大統領はリチウムの国外流出に不満を表明しており、ジンバブエはリチウム原料の輸出で数mUS$を損失しているという。Winston・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ジンバブエ:新たな鉱業ロイヤルティ政策の詳細を初めて公表

 2022年11月24日付けメディアによると、政府は新しい鉱物ロイヤルティ政策についての詳細を公表した。ジンバブエは、2021年に不況から脱却した経済を回復させるため、2023年の支出倍増計画を検討している。2022年10月に施行されたロイヤルティ政策では、鉱山会社はロイヤルティの半分を鉱物で、残りを現金で支払う必要が・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

ジンバブエ:中国の投資家による2.83bUS$のバッテリーメタルパーク計画

 2022年9月16日付けメディアによると、ジンバブエ政府は、中国の投資家グループによる、リチウム、プラチナ、ニッケル等の金属を処理する2.83bUS$のバッテリーメタルパーク設立の提案を承認し、低迷する経済を復活させるための最新の計画を発表した。香港のEagle International Investment Ho・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) プラチナ ニッケル リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ