閉じる

ニュース・フラッシュ

ウズベキスタン:VEB.RF、AGMK社の銅選鉱プラント建設に800mUS$を供与

 2021年11月17日付けの地元報道等によると、VEB.RF(ロシア開発対外経済銀行)は、ウズベキスタン唯一の銅生産企業であるAGMK(Almalyk Mining and Metallurgical Complex、タシケント州)の第3銅選鉱プラント建設向けに800mUS$を供与する。
 AGMKは2021年、同・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:ロシア下院、多成分複雑鉱に対する鉱物採取税の算定に関する法案を可決

 2021年11月17日付けの地元報道等によると、ロシア下院は、2022年からの多成分複雑鉱に対する鉱物採取税(MET)算定手続きを明確化する法案を第二読会で可決した。
 クラスノヤルスク地方に存在する有用成分が豊富な多成分複雑鉱のMET税率は、銅、ニッケル、パラジウム、プラチナ、金、コバルトの国際平均価格の6%を基・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) プラチナ パラジウム コバルト ニッケル リン カリウム 鉄鉱石
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Udokan銅プロジェクト向けの電力供給に対する約1.8bRUBの政府補助金が承認

 2021年11月15日付けの地元報道等によると、極東・北極圏発展省は、Udokan Copper社(Alishel Usmanov氏所有のUSM Holdings傘下)が実施するUdokan銅鉱床(ザバイカリエ地方)の採鉱製錬コンビナート向けの外部電力供給に対し、1.784bRUB(ロシア・ルーブル)の政府補助金を提・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Amur Minerals社、Kun-Manieニッケル・銅・硫化物鉱床のFSを完了

 2021年11月12日付けの地元報道等によると、Kun-Manie社(英Amur Minerals社傘下)は2021年8月、Kun-Manieニッケル・銅・硫化物鉱床(アムール州)のFSを国家鉱量委員会に提出した。
 鉱石埋蔵量(カテゴリB+C1)は144.2百万tで、ニッケル1.1百万t、銅304千tを含有する。・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Fedorovo Resources社、ロシア連邦北極圏での所在企業としてのステータスを取得

 2021年11月1日付けの地元報道等によると、ムルマンスク州Fedorova Tundra PGM鉱床を開発するFedorovo Resources社は、ロシア連邦北極圏での所在企業のステータスを取得した。ロシア極東・北極圏発展省が伝えている。
 同社は、極東・北極圏開発公社との協定に基づき、コラ半島北極圏に最新の・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Zakharovskoe鉱床(アルタイ地方Rubtsovsk地区)、地下資源利用権の入札を予定

 2021年11月1日付けの地元報道等によると、シベリア連邦管区地下資源利用局は、2021年12月21日、Zakharovskoe鉱床(アルタイ地方Rubtsovsk地区)における多金属鉱石の探査・採掘目的の地下資源利用権の入札を実施する。入札参加申請は2021年11月23日まで受け付ける。
 Zakharovsko・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 カドミウム セレン テルル ビスマス
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:アルミニウム合金の輸出関税が撤廃

 2021年10月29日付けの地元報道等によると、10月27日付け政府決定第1833号により、アルミニウム合金の輸出関税が0%に設定された。
 また、同政府決定により、2021年6月から15%(ただし1t当たり150US$を下回らない)に設定されていたフェロシリコンの関税も5%に引き下げられた。
 政府によると、ア・・・ 続きを読む
鉱種:
シリコン(ケイ素) アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

カザフスタン:Kazzinc社、カラガンダ州で新規多金属選鉱プラントの操業を開始

 2021年10月20日付けの地元報道等によると、Kazzinc社(カザフスタンの亜鉛・鉛・銅・貴金属生産大手)は、カラガンダ州Zhairemの新規多金属選鉱プラント(鉱石年間処理能力5百万t)の操業を開始した。2014年12月、Kazzinc社は、Atasu鉱産地方の鉱床(カラガンダ州Zhanaarka地区)の地下資・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Udokan Copper社、ロシアで初めて気候変動に対する鉱山開発の影響に関する第三者評価を取得

 2021年10月26日付けの地元報道等によると、英国規格協会(BSI)は、Udokan採鉱製錬コンビナートの第1フェーズ実施において、2023年に予想される温室効果ガス(GHG)排出量の算定に関する第三者評価を実施し、Udokan Copper社に対し、ISO 14064-1:2018への適合証明書を発行した。
 ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:Norilsk Nickel社、2022年に大気自動モニタリングシステムの実証試験を開始予定

 2021年10月22日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社は、国家プロジェクト「エコロジー」の一環として、大気自動モニタリングシステムを同社の事業所に導入する。オンラインモニタリングシステムの稼働開始は2022年を予定している。
 同社は、公法会社(public law company)Russ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希
ページトップへ