閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2004年10月18日 アルマティ 酒田 剛

ロシア・アルミナや亜鉛精鉱の輸入関税を再検討へ

 地元業界紙によれば、ロシア政府はアルミナ(酸化アルミニウム)や亜鉛鉱石、亜鉛精鉱などの輸入関税に関する再検討に着手する。ロシア経済発展貿易省からの情報として伝えられたもので、保護貿易政策に関する官庁間調整委員会の作業部会が現行のアルミナのゼロ輸入関税の延長問題を11月早々にも審議する。アルミナのほかには、亜鉛鉱石や亜鉛精鉱などが再検討の対象になるとされており、これらの輸入に課されている5%の関税を廃止する問題が焦点となる。アルミナの輸入関税廃止は、2004年1月23日に9か月の期間とすることで決定されていた。

ページトップへ