閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2021年9月22日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:リン酸石膏からのレアアース回収のため、Rainbow Rare Earths社が分離技術の使用ライセンス契約に合意

 2021年9月20日付け英Rainbow Rare Earths社の発表によると、同社は米K-Technologies社との間で、K-Technologies社が所有するレアース分離技術をSADC域内で使用するための排他的知的所有権ライセンス契約に合意した。Rainbow Rare Earths社は南アPhalaborwa鉱区(Limpopo州)にて、廃滓堆積物中のリン酸石膏からのレアアース回収事業についての予備的経済評価(PEA)を実施中である。同社は、K-Technologies社が持つ分離技術(連続イオン交換及び連続イオンクロマトグラフィーを使ったレアアース分離技術)は、同事業に適していると考えている。同社によれば、K-Technologies社の分離プロセスは、従前の多段階の溶媒抽出よりも少ないステージで特定のレアース酸化物の分離が可能であり、分離プロセスの簡素化を図ることができ、経済的なメリットがある。また、有害で高可燃性な溶媒等を使用しないことから、環境や安全面でも優位性がある。今回の契約により、Rainbow Rare Earths社は、アフリカSADC地域における当該技術の排他的知的所有権ライセンスを4年間確保した。

ページトップへ