閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年9月29日 モスクワ 小松弘希

ロシア:経済発展省、政府サービスポータルによる地下資源利用ライセンス交付を提案

 2021年9月17日付けの地元報道等によると、経済発展省は、政府サービスポータルを通じたライセンス交付に参加する政府関係省庁を増やす試みの一環で、連邦地下資源利用庁(Rosnedra)を対象に加えることを提案している。
 政府決定草案によると、当該ポータルを通じて地下資源利用ライセンスを取得できるようになる。Rosnedraは現在、連邦法「政府および地方自治体のサービス提供の組織化」に基づき、以下のサービスを電子形式で提供している。

  • 地下に鉱物資源が賦存しないことに関する証明書の発行
  • 政府による地下資源探査により得られた地質情報の提供
  • 鉱物資源の埋蔵量を標準・規格外に分類し、剝土、母岩(脈石)、尾鉱、鉱業廃棄物に残存する鉱物の含有量の基準を決定すること
  • 地下資源利用者に供与され、地下資源利用関連の作業実施に不可欠な土地区画において建設・改修が行われる主要建設物の建設許可証の交付
  • Rosnedraが建設許可証を交付した主要建設物の操業開始許可証の交付

 政府サービスポータルを通じた電子形式でのライセンス交付は漸次導入される。試行期間は2021年12月1日~2022年6月30日を予定し、その後、結果次第で本格導入のための新制度が法的に承認される予定。

ページトップへ