閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
PGM(白金族)
2021年9月30日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:Sibanye-Stillwater、PGM鉱山への174MWの再生可能電力供給を計画

 2021年9月27日付けメディアによると、Sibanye-Stillwater社は、同社の南アPGM鉱山において合計174MWの再生可能電力の導入を計画している。同社の担当者Jevon Martin氏によれば、3つのサイトでの太陽光発電プロジェクトの導入に係る総費用は2.5~2.8bZAR(南ア・ランド:約165~185mUS$)になる見込みである。また、現時点では2023年前半の資金調達、2025年前半の商業運転を目標としている。同社の南アPGM事業部門におけるエネルギー需要は、グループ全体でのエネルギー需要の39%にあたる310MWであり、予定されているプロジェクトによって迅速な脱炭素化が期待できる。

ページトップへ