閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ウラン
2021年10月13日 シドニー Whatmore康子

豪:Energy Resources Australia社、NT準州Rangerウラン鉱山のリハビリテーションにおけるコストオーバーランおよび工程遅延を表明

 2021年10月8日付けの地元メディアによると、Rio Tintoの子会社Energy Resources of Australia(ERA)社は、同社が2021年1月に操業を終了したNT準州Rangerウラン鉱山におけるリハビリテーションで、コストオーバーランと工程の遅延が生じることを表明したとされている。同社は2020年10月に発表した同鉱山の閉山計画では、リハビリテーション費用と完了時期を744mA$及び2026年1月と試算していた。同社は、具体的な費用の増加額や遅延期間については、未だ確信の得られる予測が行われていないとして、明らかにしていない。

ページトップへ