閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年10月27日 ジャカルタ 白鳥智裕

インドネシア:PTFI、Kucing Liar鉱床の開発を開始

 2021年10月22日付け現地メディアによると、米銅大手のFreeport-McMoRan社(FCX)は20日、インドネシアのPT Freeport Indonesia(PTFI)がGrasbergのKucing Liar鉱床の長期的な鉱山開発活動を開始し、プロジェクト期間中に約6十億lbの銅と6百万ozの金を生産することを計画していると報告した。PTFIの大規模なブロックケーブ鉱山の経験と同様に、生産前の開発活動は約10年で行われる計画である。
 Kucing Liar鉱床は、フル稼働した場合、銅で500百万lb、金で500千ozを超える年間生産量が見込まれており、PTFIは長期的かつ大規模で低コストの生産を継続することができる。Kucing Liar鉱床の今後10年間の設備投資額は、年間平均で約400mUS$を見込む。Kucing Liar鉱床は、共有インフラの充実と、ブロックケーブ鉱山における経験と長期的な成功から恩恵を受けることになるという。
 現在、PTFIの鉱石生産は、Grasbergブロックケーブ鉱山とDMLZ坑内採掘で行われている。

ページトップへ