閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 コバルト ニッケル
2021年11月5日 ロンドン 倉田清香

スイス:Glencore、2021年第3四半期の生産実績を発表

 Glencoreは、2021年10月29日付けで2021年第3四半期の生産実績を発表した。2021年第3四半期の生産量は、銅が2020年同期比4%減の895.5千t、コバルトが同比8%増の23.4千t、亜鉛が同比横ばいの855.8千t、鉛が同比11%減の173.4千t、ニッケルが同比13%減の71.1千tであった。銅の生産量減少については、様々な事業所での鉱石の品位低下を反映したものであり、うち約半分は、副産物の減少に依るものである。亜鉛については、新型コロナウイルスの制約から回復した一方、カザフスタンZhairem鉱山の立ち上げ延期に伴い、子会社Kazzinc社の生産量が一時的に減少したことで相殺された。ニッケルについては、豪州Murrin Murrinニッケル・コバルト鉱山での計画メンテナンス及びニューカレドニアKoniamboニッケル鉱山での操業上の問題により生産量が2020年より減少した。
 また、2021年の生産ガイダンスについては、前回のガイダンスから更新はない。

ページトップへ