閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年11月15日 サンティアゴ 兵土大輔

チリ:Antofagasta Minerals社、鉱石運搬トラック電動化の実現可能性調査を開始

 2021年11月11日付けでAntofagasta Minerals(AMSA)社は、気候変動戦略の一環として、現在ディーゼルで稼働している鉱石運搬トラックを電動化する最初の実現可能性調査を行うと発表した。本調査は、チリ大学等が主導する電動化推進機関であるCentro de Aceleración Sostenible de Electromovilidad(CASE)やVTT(フィンランドの技術開発研究センター)と協力してAntucoya銅鉱山で行われる。主な目的は、トラックのバッテリー駆動と充電システムの概念設計を作成することである。AMSA社は本調査結果により、同社のトラック電動化をどのように進めるか評価するという。

ページトップへ