閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 鉄鉱石
2021年11月19日 リマ 初谷和則

ボリビア:Arce大統領、現政権発足後1年間の成果としてMutún製鉄プラントプロジェクトの再開を挙げる

 2021年11月8日付け政府メディアによると、Arce大統領は施政演説で、現政権発足後1年間で鉱業分野の再活性化が着実に進んでいるとして、Mutún製鉄プラントプロジェクトの再開を一番の成果に挙げた。同大統領によれば、現在の同プロジェクトの進捗は45%となっている。
 同プロジェクトは暫定政権下で中断され、借款契約における財務コストが増加、同様にMinera Huanuni(EMH)社のLucianita処理施設も停止され、EMH社に60mBOB(ボリビアーノス)の損害を与えたと説明した。しかしながら、Lucianita処理施設のオペレーションは開始され、また、Minera Colquiri社の処理能力2千t/日の選鉱プラント(錫・亜鉛)の建設も再開された。さらに、産業化政策の枠組みで、Oruro県の亜鉛精錬プラントのプロジェクトも開始されたとし、これらの結果として鉱業ロイヤルティ収入が増えていると述べた。

ページトップへ