閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年11月24日 シドニー Whatmore康子

豪:South 32社とAusQuest社、豪州やペルーなどにおける戦略的探鉱提携の期間を2023年末までに延長

 2021年11月16日付けのメディアによると、豪South 32社と豪AusQuest社は、両社が2017年に締結した、豪州やペルーなどにおける銅、亜鉛、ニッケルなどの鉱種を対象とした戦略的探鉱提携を2年間延長し、2023年末までとすることに合意したことを明らかにした。South 32社は同契約に基づき、AusQuest社から探鉱プロジェクトまたは試錐プロジェクトの提案を承認した場合は、当該のプロジェクトで4.5mUS$の費用を負担して権益の70%を取得し、PFSが完了した後には更に10%の権益を取得するほか、1年以内に2件以上の探鉱プロジェクトを承認した場合はAusQuest社に300kUS$の手数料を支払うとされている。また、AusQuest社はSouth 32社が提案を受け入れたプロジェクトに対しては、少なくとも500kUS$の試錐プログラムを準備することが必要となる。両社は同契約においては、これまでに豪州とペルーで各3件の探鉱プロジェクトを実施している。

ページトップへ