閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年11月24日 シドニー Whatmore康子

豪:Evolution Mining社、QLD州Ernest Henry銅・金鉱山を1bA$で完全買収することでGlencoreと合意

 2021年11月17日付けの地元メディアによると、豪Evolution Mining社は、GlencoreとJVで操業するQLD州Ernest Henry銅・金鉱山の全権益を1bA$で買収することで同社と合意したことを明らかにした。Evolution社は2016年11月、同社が同鉱山の資本費用と操業費用の30%を負担し、同鉱山で生産される銅と金のそれぞれ30%と100%を取得するというJV契約をGlencoreと締結していた。Evolution社は今回の合意に基づき、Glencoreに対し800mA$を前払いで、残り200mA$を同鉱山の買収手続きが完了してから1年後に支払うとしており、買収資金として2031年に満期を迎える200mUS$の私募債を発行したとしている。Evolution社によると、同社は2022年1月1日よりErnest Henry銅・金鉱山の権益100%を正式に所有することによって、同鉱山における2021/22年度の銅生産量が17~19千tから34~38千tに上方修正されるほか、同社の行う操業全体におけるAISCが2022/23年度に90~100A$/oz改善の1,135~1,195A$/ozとなり、世界の産金企業の中でも最も操業コストが低い水準となると試算している。

ページトップへ