閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年11月26日 モスクワ 小松弘希

ロシア:Amur Minerals社、Kun-Manieニッケル・銅・硫化物鉱床のFSを完了

 2021年11月12日付けの地元報道等によると、Kun-Manie社(英Amur Minerals社傘下)は2021年8月、Kun-Manieニッケル・銅・硫化物鉱床(アムール州)のFSを国家鉱量委員会に提出した。
 鉱石埋蔵量(カテゴリB+C1)は144.2百万tで、ニッケル1.1百万t、銅304千tを含有する。鉱石年産能力112百万tの場合、マインライフは25年となる。
 同プロジェクトでは、銅・ニッケル鉱石の処理プラント、発電所、尾鉱堆積場その他施設の建設が予定されている。現在、初期CAPEXは1bUS$と見積もられている。
 なお、露天掘りによる操業コストは鉱石1t当たり14.79US$、その他のコストは1t当たり33.25US$と見積もられている。

ページトップへ