閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年12月3日 リマ 初谷和則

ペルー:加Element 29社、Flor de Cobre銅プロジェクトの2022年初頭の試錐開始を発表

 2021年11月29日、加Element 29社は、エネルギー鉱山省(MINEM)からFlor de Cobre銅プロジェクト(Arequipa州・Moquegua州)における探鉱活動開始許可を取得し、2022年初頭に試錐プログラムを開始する予定と発表した。
 本プロジェクトにはCanderariaとAtravezadoの2つの有望な斑岩が存在し、今回の試錐プログラムではCanderariaターゲットを対象として3,700mのダイヤモンド試錐を行う計画で、このうち2,180mのツイン試錐(9孔)は過去に実施された試錐で推定される資源量57.4百万t(品位:Cu 0.67%)や地化学分析の結果を確認するために実施される一方、残り1,520mはスーパージーン富化帯(supergene enrichment blanket)の下部、地下500m以深における一次硫化銅の鉱化ポテンシャルを確認することを目的とする。
 また同社は、Canderariaターゲットから2.7km北東に位置するAtravezadoターゲットに関しても試錐を目的とする許認可手続きを進めていく旨明らかにしている。

ページトップへ