閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年12月8日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:鉱業協議会、鉱山における死亡事故の増加への対策の強化を約束

 2021年12月6日付け南ア鉱業協議会の声明によると、最近の同国内における鉱山にて死亡事故が多発していることに鑑み、鉱山業界は、鉱山従業員の事故対策に緊急に焦点を当てることを約束した。2021年は既に69人の死亡が確認されており、2019年の51人、2020年の60人と2年連続で増加傾向にある。鉱業業界はこの状況に懸念を抱き、衝撃を受けている。死亡事故の主な原因は、落盤や輸送に関連するものが多くあり、輸送関連の衝突防止システムや落盤対策など、安全性を確保する手法の採用が急務である。

ページトップへ