閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年12月16日 バンクーバー 佐藤すみれ

パナマ:Cobre Panamá銅鉱山でCOVID-19集団感染が発生

 2021年12月13日、パナマ保健省は、Cobre Panamá銅鉱山で123名のCOVID-19感染者が確認されたことを発表した。うち80名が軽症、43名が無症状で、自宅あるいは鉱山内の宿舎で隔離されている。これを受け加First Quantum Minerals社は、慢性疾患のある労働者を自宅勤務とすることや、鉱山内での行動範囲を規制する措置を発表した。保健省によると、同鉱山は4,370人の労働者が勤務しており、First Quantum社はほぼ100%の労働者がワクチン接種を完了していると説明した。なお、Cobre Panamá鉱山は2020年にもCOVID-19の集団感染が確認され、政府の規制により約3か月間操業を停止した。操業再開後2021年第3四半期に生産量は過去最大に到達し、2021年の銅生産量を320~335千tに上方修正した。

ページトップへ