閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年12月16日 バンクーバー 佐藤佑美

加:韓LG社が加Li-Cycle社に50mUS$を投資、Li-Cycle社は2023年から硫酸ニッケルを供給

 加Li-Cycle社は、2021年12月14日付けプレスリリースによれば、韓LG Chem(LGC)社・韓LG Energy Solution(LGES)社との間で、スクラップおよび硫酸ニッケルのオフテイクに関する拘束力のない基本合意書(LOI:Letter of Intent)を締結した。最終的な商業合意に至ったのち、LGC社およびLGES社が普通株式の購入を通じて計50mUS$を投資する。Li-Cycle社は米NY州Rochesterハブ工場で生産される硫酸ニッケル20千t(ニッケル換算量)を、2023年からの10年間、両社へ供給する予定。また、Li-Cycle社とLGES社は、ニッケルを含有するリチウムイオン二次電池(LIB)のスクラップやその他LIB材料のリサイクルについて協力する。
 Li-Cycle社はまた同日付けプレスリリースの中で、北米で急伸するLIBリサイクル需要に対応するため、米NY州Rochesterに建設予定のハブ工場におけるブラックマス処理能力を40%拡張し、35千t/年とすることを発表した。現在稼働中又は建設予定の解体・破砕工場からブラックマスを供給し、米国を拠点とするトップクラスのバッテリー材料メーカーを目指す。

ページトップへ