閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アンチモン ベースメタル
2021年12月20日 リマ 初谷和則

ボリビア:加企業による新規探鉱が活性化

 2021年12月5日付け現地紙の投稿記事によると、ボリビアにおいて近年加企業の新規探鉱が活性化している。
 貴金属の探査・開発を行うNew Pacific Metals社は、Alcira銀鉱山(Potosí県)で探鉱(Silver Sands銀プロジェクト)を進めており、ここ数十年で最も大きな銀鉱山となると期待されている。また、Carangas銀プロジェクト(Oruro県)とSilverstrike銀プロジェクト(La Paz県)でも近々探鉱を開始する予定となっている。
 金とベースメタルの探査・開発を行うEloro Resources社は、Iska Iska銀・錫鉱山(Potosí県)の過半数の株式を取得する可能性がある。
 San Bartolomé銀製錬所(Potosí県)の現所有者であるAndean Precious Metals社は現在、Cerro Rico銀鉱山(Potosí銀鉱山の一部)の銀鉱石を1.6百万t/年処理している。同社は、San Pablo金プロジェクト(Potosí県)、Río Blanco金・アンチモンプロジェクト(Potosí県)の探査実施を発表している。

ページトップへ