閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
グラファイト ルチル
2021年12月21日 ヨハネスブルグ 原田武

マラウィ:豪Sovereign Metals社、Kasiyaルチル・グラファイト鉱床にてScoping Studyを実施

 2021年12月16日付け豪ジュニアSovereign Metals社の発表によると、同社がマラウィに所有するKasiyaルチル・グラファイト鉱床についてScoping Studyを公表した。未開発のルチル鉱床としては世界最大規模であり、概測鉱物資源量は304百万t(品位:TiO2 1.02%)、予測鉱物資源量は301百万t(品位:TiO2 0.93%)になる。今後も補間ボーリングにより資源量の精度を上げる必要があるが、今回のスタディでは25年間に渡り12百万tを採掘する計画である。また、今回のスタディは、高品位ルチル鉱床が分布する129km2のうちの49km2を対象としており、今後の周辺探鉱で資源量の大幅増が期待できる。

ページトップへ