閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年12月22日 バンクーバー 佐藤佑美

アルゼンチン:Lundin Mining社、総額約625mC$でJosemaria Resources社を買収へ

 加Lundin Mining社は、2021年12月20日付けプレスリリースによれば、Lundinグループ会社である加Josemaria Resources社の発行済み全株式を1株あたり1.60C$、総額約625mC$で買収することで合意した。Josemaria Resources社がアルゼンチンSan Juan州で進めるJosemaria銅・金・銀プロジェクトが、Lundin Mining社のポートフォリオに追加されることとなる。2020年のFSによれば、同プロジェクトのマインライフは19年、平均年間生産量は銅131千t、金224千oz(約7.2t)、銀1,048千oz(約33.7t)、推定・確定埋蔵量は1,012百万t(品位:Cu 0.30%、Au 0.22g/t、Ag 0.94g/t)で、2026年頃の商業生産を目指している。
 Lundin Mining社のPeter Rockandel社長兼CEOは、世界クラスのJosemariaプロジェクトは同社の更なる成長に向けた理想的な案件であり、同社の地位を高品質かつ低コストの銅資産を保有する主要なベータメタル生産者へと高めるものであるとコメントしている。
 なお、チリでは、鉱山会社に対する増税などを主張する左派のGabriel Boric氏が次期大統領に選出されたことから、Lundin Mining社の株価は12月20日時点で15%下落した。

ページトップへ