閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト コバルト ニッケル
2021年12月24日 シドニー Whatmore康子

豪:Cobalt Blue社、廃滓やズリ石からコバルトなどのクリティカルミネラルを回収するプロジェクトの共同実施に関するMOUをQLD州政府と締結

 2021年12月21日付けの地元メディアによると、豪Cobalt Blue社は、QLD州内の廃滓やズリ石からコバルトなどのクリティカルミネラルを回収する「Secondary Prospectivity Project」の共同実施に関するMOUを同州政府と締結したことを明らかにした。同社と同政府はこのMOUに基づき、Queensland大学と共同で「廃滓の特性に関する調査」、「地質、鉱化、クリティカルミネラルの存在などに関する詳細調査」、「廃滓やズリ石から回収されるクリティカルミネラルの製錬方法に関する評価」の3段階に渡る作業を行うとしている。同社によると、今回締結されたMOUは、同社が2021年3月に開始した、硫化物廃棄物からコバルトや銅などを回収して製錬を行うプロジェクト「Cobalt in Waste Streams Project」が、同政府のイニシアティブ「New Economy Minerals Initiative」との間にシナジー効果を生む可能性があることに基づくものとされている。同社は、Cobalt Waste Streamsプロジェクトにおいては、同政府が「new economy mineral」と定義する、新興テクノロジーに多く利用されるボーキサイトやコバルトなどの金属や鉱物が豊富に存在するとされている同州North West Minerals Provinceに焦点を当てるとしている。

ページトップへ