閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 ニッケル
2022年1月6日 ジャカルタ 白鳥智裕

フィリピン:環境天然資源省、露天掘り禁止を解除

 2021年12月28日付け現地メディア等によると、2017年から4年間続いた銅、金、銀などの露天掘り採掘を解禁した。環境・天然資源省鉱山・地球科学局長のWilfredo Mocano氏によると、Roy Cimatu環境・天然資源長官は、露天掘り禁止令を解除する行政命令に署名した。
 政府は、現在停滞している鉱山プロジェクトや新しい鉱山プロジェクトが投資を呼び込み、パンデミックに見舞われた経済を刺激するのに役立つことを望んでいる。
 フィリピンは、新しい採掘プロジェクトが軌道に乗れば、鉱物採掘産業からの年間輸出収入が今後5~6年の間に最大2bUS$増加する可能性がある。フィリピンは、中国にとって最大のニッケル鉱石の供給国であり、また銅と金の埋蔵量もかなりの量がある。
 鉱山・地球科学局によると、フィリピンの総面積3千万haの3分の1以上が「鉱物の可能性が高い」と認定されているが、これまでに採掘された鉱物はその5%未満に過ぎないという。

ページトップへ