閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2022年1月12日 ロンドン 倉田清香

フィンランド:Finnish Minerals Group社及びCNGR社、フィンランドHaminaのpCAM工場のDFSを完了し、建設に向けた協力を継続

 2021年12月14日付けのプレスリリースによると、フィンランドFinnish Minerals Group社及び中CNGR Advanced Material社は、フィンランドHaminaの前駆体カソード活物質(pCAM)工場について、DFSを完了し建設に向けた協力の継続を決定したと発表した。同プロジェクトは両社によるJV(CNGR社60%、Finnish Minerals Group社40%)によって管理される。同工場の初期段階の生産能力は20千t/年に設定されており、2024年の生産開始を目指し、その後数年間で生産能力増加の投資を行う目標である。初期投資額は200~300m€である。

ページトップへ