閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2022年1月20日 リマ 初谷和則

ペルー:首相府、Ayacucho州4鉱山影響下地域の開発促進作業グループを設置、地元社会団体は反発

 2022年1月14日付け現地紙によると、2021年11月19日Ayacucho州を訪問したVaquez首相は、同州で操業するApumayo金鉱山、Inmaculada金・銀鉱山、Breapampa金・銀鉱山、Pallancata金・銀鉱山の閉山や撤退について地元自治体と合意し、これら鉱山の探鉱・採掘・閉山プロセスは一切延長しない方針を発言したが、鉱業セクターからの強い反発を受け、2021年11月24日に本発表を事実上撤回する声明を発表した(2021年11月29日付 ニュース・フラッシュ:政府、Ayacucho州4鉱山閉山に係るVasquez首相発言を事実上撤回参照)。
 本件に関し2022年1月12日、首相府は省令010-2022-PCMを公布し、4鉱山の影響エリアの開発促進を目的として、「Ayacucho州Parinacochas郡、Lucanas郡、Pucar del Sara Sara郡開発に向けた作業グループ」立ち上げを発表した。
 この立ち上げに対し、Ayacucho州南部鉱業汚染闘争委員会をはじめとする社会団体代表者らは、「(2021年)11月19日に地元社会が求めたのは4鉱山の閉山を90日以内に履行する実行委員会の設立であり、地域開発の作業グループ立ち上げではない。」と反発、これら4鉱山の操業に対する抗議運動を再開する方針を示した。

ページトップへ