閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2022年2月1日 シドニー Whatmore康子

豪:Northern Minerals社、自社戦略見直しの一環としてWA州Browns Range重希土類プロジェクトにおける選鉱施設のFSを一時休止へ

 2022年1月27日付けのメディアによると、豪Northern Minerals社は、自社戦略の見直しにおいて、同社の実施するWA州Browns Range重希土プロジェクトにおける選鉱施設のFSを一時休止することを明らかにした。この戦略見直しは、同社において2022年1月にNick Curtis会長が就任したことに伴い実施されるものであるとされている。同社は同プロジェクトにおいて、2018年11月から選鉱施設と湿式製錬施設の備わるレアアース処理パイロットプラントにおける試験を実施していたが、同プラントを将来的に拡張するよりも、商業規模の選鉱施設を建設してレアアース精鉱を生産する方がリスクが少なく市場機会が存在するとして、2021年2月に同施設のFSを開始していた。同社は今回、実施する戦略見直しには3か月を要するとしており、この見直しが完了した際に同施設の建設に関する今後の計画について明らかにするとしている。また、同社はレアアース処理パイロットプラントで行われている試験が2022年1~3月四半期に完了するとしており、この試験の結果については、このほど一時休止が決定された選鉱施設のFSが再開された際に発表し、同FSに活用するとしている。

ページトップへ