閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2022年2月2日 リマ 初谷和則

ペルー:エネルギー鉱山大臣、2022年の優先案件等を説明、企業との契約再交渉に言及

 2022年1月27日付け現地報道及びエネルギー鉱山省(MINEM)の発表によると、Gonzalesエネルギー鉱山大臣は、ペルーの鉱業・炭化水素・エネルギーセクターにおける2021年の総括や2022年の見通しに関する報告を行った。その中で、現在同省では70件の投資プロジェクトに係る様々な許認可申請が審査されているが、その中には審査が7年以上続いている案件があることを明らかにし、2022年はこれらペンディング案件の審査に対応するため新たな人材を雇用する方針を明らかにした。
 また、2022年における鉱業関連の優先案件は、Quellaveco銅プロジェクト(Moquegua州)、Las Bambas銅鉱山Chalcobambaプロジェクト(Apurimac州)、Falchaniリチウムプロジェクト(Puno州)の3件であると説明した。
 一方大臣は、報告後の質疑応答の中で「鉱山企業との契約再交渉」に関する質問を受けた際、「政府としては、難しい現状の中で再交渉に向けた取組みを進めており、幾つかの重要なテーマについて成果を上げることができた。」と述べたほか、「再交渉とは必ずしも数値の増加(税率を示唆)を意味するわけではなく、労働やコミュニティの条件改善なども含まれる。」とコメント、その上で「いずれかの時期に契約やロイヤルティに関する再交渉を行いたい。」と発言した。

ページトップへ