閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2022年2月10日 シドニー Whatmore康子

豪:BHP、世界初のLNG燃料による鉄鉱石運搬船がシンガポールからWA州Port Hedland港に向けて処女航海

 2022年2月7日付けの地元メディアによると、BHPは、同社がシンガポールのEastern Pacific Shipping(EPS)社からチャーターした、世界初の液化天然ガス(LNG)燃料による鉄鉱石運搬船「Mount Tourmaline号」の処女航海を開始したことを明らかにした。BHPは2020年10月、同社の海上運輸における温室効果ガス(GHG)排出量を2030年までに2020年比で40%削減するという目的のもと、従来燃料のほかにも、2022~2026年の5年間にLNG燃料の使用が可能な鉄鉱石運搬船を5隻チャーターすることでEPS社と契約を締結しており、同号はその1隻となる。BHPはこれらの運搬船のLNG燃料は石油メジャーShell社から供給を受けることとして、同社と契約を締結している。Mount Tourmaline号は載貨重量トン数が209千dwtで、今回の処女航海においてはシンガポールでLNG充填を受けた後にWA州Port Hedland港に向けて出港し、同港で鉄鉱石を積荷した後に日本へと航海する予定である。

ページトップへ