閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
PGM(白金族)
2022年2月15日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:開発中のBakubung PGM鉱山、コミュニティによる抗議デモにより作業が中断

 2022年2月8日付けメディアによると、Wesizwe Platinum社(China Africa Jinchuan社が主要株主で45%シェア取得)が開発中のBakubung PGM鉱山(NorthWest州)において、地域住民の抗議デモにより鉱山が閉鎖され、建設作業が中断となっている。コミュニティのリーダーを通して要求事項が出されており、鉱山側との交渉が続いている。「鉱山建設作業は佳境を迎えており、スケジュールがタイトな状況。現場の強制閉鎖は、プロジェクトの進捗に深刻な影響を与えており、経済的な損失が大きい。」と関係者は語っている。2021年来、南アの鉱山地帯では、コントラクター契約を巡る問題や政治的な先導などがコミュニティによる暴動に発展するケースが散見されている。

ページトップへ