閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2022年2月28日 シドニー Whatmore康子

ニュージーランド:政府、Geo40社の開発した地熱かん水からリチウムを採取するテクノロジーに2mNZ$を投資へ

 2022年2月22日付けのメディアによると、ニュージーランド政府は、同国を拠点とするGeo40社の開発した、地熱かん水からリチウムを採取するテクノロジーに2mNZ$を投資することを明らかにした。同政府はこの投資を、地方経済を促進するための200mNZ$枠基金「Regional Strategic Partnership Fund」から2m$を拠出して同社の株式を取得することにより行うとしている。Geo40社は北島Ohaakiで、近接のOhaaki地熱発電所で廃水となる地熱かん水からコロイド状シリカを採取するOhaaki Northern工場及びOhaaki Ngawha工場を操業するが、これらの工場で地熱かん水からリチウムを採取するテクノロジーをこのほど開発したとしている。同社は、このテクノロジーの開発においては、現在、電気自動車(EV)に利用されるリチウムイオン電池(LIB)の材料となるリチウムの需要が世界的に高まっていることが背景にあり、今後は世界各地における地熱流体からリチウムを採取する試験を進めていくとしている。また、同政府は2019年、同社がOhaakiのシリカ採取工場を拡張する際にも、同政府の基金「Provincial Growth Fund」から15mNZ$を融資している。

ページトップへ