閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2022年3月7日 リマ 初谷和則

ペルー:加Kaizen Discovery社、Pinaya銅・金プロジェクトの良好な試錐結果を報告

 加Kaizen Discovery社の2022年3月1日付け発表によると、Pinaya銅・金プロジェクト(Arequipa州)において最近実施した10孔の試錐(3,046m)の結果、ベースメタル鉱脈やスカルンに関連する金の鉱化が地表付近で確認された。
 今回発見された鉱化により、少なくとも5km×2.5kmのエリアに鉱化を伴う大規模で多段階の斑岩関連システムが存在することや、潜頭の銅・金を伴う貫入斑岩が存在する可能性があることが確認された。
 2022年3月には、潜頭斑岩の銅・金鉱化に伴うアノマリーの識別を目的として、プロジェクト全域(129km2)を対象とする三次元IP-比抵抗探査(Typhoon™)を実施し開始する計画である。

ページトップへ