閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
モリブデン
2022年4月7日 バンクーバー 佐藤佑美

加:Taseko Mines社、銅市場の長期見通し改善を背景にBC州Gibraltar銅・モリブデン鉱山の埋蔵量40%増を発表

 2022年3月30日付けにて加Taseko Mines社は、プレスリリースの中で、同社が75%権益を保有しオペレーターを務める加BC州Gibraltar銅・モリブデン鉱山の硫化鉱の確定・推定埋蔵量が40%増の706百万t(品位:Cu 0.25%、Mo 0.008%、Cu換算 0.26%)となったことを発表した。グリーン経済の流れを受けて銅市場の長期的見通しが改善する中でピットの設計等を更新した結果、銅のカットオフ品位0.15%における概測・精測資源量は1,215百万tで、品位:Cu 0.24%、Mo 0.007%、Cu換算 0.26%となった。新たなマインライフは23年、年間総生産量は銅129百万lb(約58.5千t)、モリブデン2.3百万lb(約1千t)、剥土比は2.4:1となる。Stuart McDonald社長兼CEOは、昨今のマーケットおよび国際情勢は世界有数の鉱業地域に位置する同鉱山の長期安定的な価値を示すものであるとし、同社は北米を拠点とする銅の中堅生産者として非常に良い立ち位置にあるとコメントしている。

ページトップへ