閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 ニッケル
2022年5月12日 シドニー Whatmore康子

豪:探鉱AI開発のスタートアップ企業Earth AI社、NSW州でのクリティカルミネラル探鉱における戦略的アライアンスをLegacy Minerals社と締結

 2022年5月9日付けの地元メディアによると、Sydneyと米San Franciscoに拠点を置き、探鉱の人工知能(AI)テクノロジーを開発するスタートアップ企業Earth AI社は、豪Legacy Minerals社がNSW州のMulholland及びFontenoyで行う探鉱プロジェクトにおいて、戦略的アライアンスを締結したことを明らかにした。Earth AI社はこのアライアンスに基づき、今後2年間、両プロジェクトに最大4.5mA$を出資し、銅やニッケルなど「電気自動車(EV)で使用されるリチウムイオン電池(LIB)の材料鉱物」と定義されるクリティカルミネラルの探鉱を行う。一方鉱業権は、Legacy Minerals社が引き続き100%保有し、試掘において顕著な鉱床が発見された場合は、Earth AI社がこれらのプロジェクトで採掘される鉱物に関して最大3%のNSRロイヤルティをLegacy Minerals社から取得するとされる。また同アライアンスでは、試掘における最初の顕著な鉱床発見から2年間、Legacy Minerals社の探鉱拠出額が250kUS$/年を下回る場合、または鉱物資源量の確定が行われない場合は、Earth AI社が両プロジェクトを1mUS$で買収して2%のNSRロイヤルティをLegacy Minerals社に支払うオプションも選択可能とされる。

ページトップへ