閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2022年5月12日 ジャカルタ 白鳥智裕

インドネシア:Mimika県、MIND IDのPT Freeport株引き渡しを巡り大統領に報告

 2022年5月7日付け現地メディアによると、Mimika県は、国有鉱山持株会社MIND IDが、PT Freeport Indonesia(PTFI)の株式のうち7%を地方政府に引き渡すことが長引いている件について、Joko Widodo大統領に報告する予定である。
 Eltinus Omaleng Mimika県知事は、MIND IDからのPTFIの株式の買却は3年前から行っているため、株式の引き渡しの遅れは、地元行政を「本当に悩ませている」とした。同知事によると、Mimika県は、2021年から地方公営企業(BUMD)を設立する申請を中央政府に行った。BUMDの設立は、Mimika地方政府に引き渡されるPTFIの株式7%を保有するためである。
 これに対し、2022年5月9日付け現地メディアによると、MIND IDは、Papua州政府とMimika県からの正式な通知を待っているところである、と述べた。
 MIND IDを通じPTFIの51%以上の株式を所有しているインドネシア政府は、2018年にPTFIの10%の持分を地方政府に割り当てることを決定し、この方針の下、Papua州が3%、Mimika県が7%の株式を所有することとなっていた。

ページトップへ