閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2022年5月30日 ジャカルタ 白鳥智裕

インドネシア:NT社、東南Sulawesi州でフェロニッケル製錬所開発へ

 2022年5月20日付け現地メディアによると、NT社(NurdinTampubolon Corporation:NurdinTampubolonが所有する企業グループ)は、南東Sulawesi州北Konawe県で工業団地の建設を開始した。政府の国内ニッケル下流産業開発プログラムを支援するため、RKEF(ロータリーキルン電気炉)技術を使用してフェロニッケル製錬所を開発する予定である。
 また、同社は、NT社の子会社PT Nusantara Industri Sejati(NIS)が、ニッケルベースの工業地域を建設し、他の工場の原料としてフェロニッケルを生産するニッケル製錬所を建設することによって、下流産業開発に入ることを強く望んでいる。
 NT社のNurdin Tampubolon社長によれば、計画されている製錬所は、10~12%のニッケル含有量で500千t/年のフェロニッケル生産能力を有する。
 NT社(旧称Sonvaldyグループ)は、1991年にNurdin Tampublon氏によって設立された多角経営グループで、パーム油を総合的に扱ったビジネスで財を成した。

ページトップへ