閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル
2022年6月8日 シドニー Whatmore康子

豪:Western Areas社、IGO社の買収提案に対し自社株主から94.2%の賛成票を取得

 2022年6月1日付けの地元メディアによると、WA州Forrestaniaニッケル鉱山の操業などを行う豪Western Areas社は、豪IGO社から申し出を受けた買収提案について、自社株主の94.2%から賛成票を得たことを明らかにした。IGO社は同州で、Novaニッケル鉱山の操業やKimberleyニッケル・銅・コバルトプロジェクトなどを行う。IGO社は2021年12月に、Western Areas社を3.36A$/株(総額1.096bA$)で買収することで同社と合意していた。しかしWestern Areas社から同買収提案の妥当性に関する調査を委託された米KPMG Financial Advisory Services社が、2022年3月以降のニッケル価格値上がりを背景に、この買収額は安過ぎるという提言をWestern Areas社に行った後、IGO社は買収額を3.87A$/株(総額1.263bA$)に引き上げていた。KPMG社は同調査において、妥当な買収額は4.04~5.23A$/株であると判断したとされる。今後Western Areas社は、2022年6月7日にWA州最高裁判所に同買収提案に対する認可申請を行い、同裁判所の認可を取得すれば、翌8日に豪州証券投資委員会(ASIC)に必要書類を提出して買収完了の手続きを行うとしている。

ページトップへ