閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2022年6月22日 リマ 初谷和則

エクアドル:エネルギー鉱山大臣、鉱区再解放は2022年12月になると言及

 2022年6月13日付け現地紙によると、PDAC 2022で講演したVeraエネルギー鉱山大臣は、エクアドルの11bUS$におよぶ鉱業分野への投資ポートフォリオを紹介し、同国の鉱業政策や、法の確実性について説明した。
 鉱業権登録については、鉱区再解放が2022年12月に行われること、現在600件の申請を審査中であることを述べた。(※同省のツイートによると、2022年12月の鉱区再解放時には、安全な統合システムを導入済みとの由。)
 各プロジェクトについては、2023年にはCuripamba銅プロジェクト(Bolívar県)、Loma Larga銅・金・銀プロジェクト(Azuay県)、La Plata金・銅・銀プロジェクト(Cotopaxi県)の3件が建設を開始し800mUS$が投資されることのほか、Ruta del Cobre銅プロジェクト(Azuay県)、Warintza銅プロジェクト(Morona Santiago県)、Cascabel銅プロジェクト(Imbabura県)の現状についても説明した。
 違法鉱業については、軍の協力を得て情報収集・分析を行い、撲滅を目指していると述べた。

ページトップへ