閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
シリコン(ケイ素) モリブデン
2022年7月4日 モスクワ 小松弘希

ウクライナ:2022年1~5月の合金鉄生産量、対前年同期比20.2%減少

 2022年6月23日付けのウクライナ合金鉄生産協会(UkrFA)の公表によると、ロシアのウクライナ侵攻により、2022年1~5月のウクライナの合金鉄生産量は対前年同期比20.2%減の268,050tであった。また、2022年1~5月のシリコマンガン生産量は、同9.2%減の235,130t、フェロシリコンは同52.7%減の15,420t、フェロマンガンは同60.3%減の17,500tであった。
 Nikopol合金鉄工場(生産能力:約1.2百万t/年)の2022年1~5月の生産量は、同13.6%減の224,704tとなった。このうち、シリコマンガンは同7.4%減の219,120t、フェロマンガンは同76.7%減の5,350tであった。同工場は、生産量減少の要因として、原材料や生産品の出荷の問題を挙げており、港湾の閉鎖により、生産品の出荷のための新たなロジスティクスを検討する必要があるとしている。
 Zaporizhia合金鉄工場の2022年1~5月の生産量は、同42.7%減の43,580tとなった。このうち、フェロシリコンは同52.7%減の15,420t、フェロマンガンは同42.5%減の12,150t、シリコマンガンは同28.5%減の16,010t、電気マンガンは同42.5%減の1,350tであった。
 なお、2021年のウクライナの合金鉄生産量は対前年比14.4%増の850,950tであった。

ページトップへ