閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2022年8月5日 シドニー Whatmore康子

豪:水素探査のスタートアップ企業H2EX社、SA州Eyre Peninsulaにおける天然水素の存在についての調査に関する契約をCSIROと締結

 2022年8月2日付けの地元メディアによると、水素探査を行うスタートアップ企業の豪H2EX社は、SA州Eyre Peninsulaにおける天然水素の存在についての調査に関する契約を、豪連邦科学産業研究機構(CSIRO)と締結したことを明らかにした。H2EX社は水素探査を行うことを目的に、Eyre Peninsulaの面積約6,000km2に及ぶ石油探鉱鉱区において、探鉱ライセンスPEL 691をSA州政府から2022年6月に取得している。今回CSIROと締結した契約に基づいて、同鉱区において天然水素が存在する系統についての調査を同機構に委託する。CSIROは現在、水と鉄堆積物が酸化反応を起こして水素が発生するという事実に基づき、豪州における天然水素の存在に関するプロジェクトを実施している。また、SA州は豪州において、企業が水素探査を行うことを可能とする法制度が唯一確立された州である。同州内面積の約3分の1において、水素探査を可能とする探鉱ライセンスが取得されている、または申請されている、と同メディアは報じている。

ページトップへ