閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル アルミニウム/ボーキサイト
2022年8月10日 北京 忽滑谷諒子

中国:2022年1~6月の非鉄産業動向(総括)

 2022年7月28日、中国国家発展改革委員会は、2022年1~6月の非鉄金属産業動向について以下の発表を行った。
(1)製錬製品の生産量はやや増加した。国家統計局によると、2022年1~6月の中国の10種類の非鉄金属の生産量は前年同期比1.0%増の3,283.3万tだった。このうち、精錬銅、鉛、アルミの生産量はそれぞれ533.3万t、364万t、1,968万tで、それぞれ同2.5%、3.1%、0.7%増加した。亜鉛生産量は同1.7%減の326.3万tだった。
(2)加工材の生産量は異なる動きとなった。国家統計局によると、2022年1~6月の銅加工材の生産量は1,023.1万tで、前年同期比2.4%上昇した。アルミ材の生産量は同2.8%減の2,999.4万tとなった。
(3)主要品目の価格はやや下がった。中国非鉄金属工業協会によると、2022年6月、中国国内の銅スポット平均価格は69,600元/t(約140万円、20円/元で試算。以下同じ。)で、前月比3.8%下落した。アルミスポットの平均価格は同2.2%減の19,970元/t(約40万円)だった。
(4)銅、アルミニウム鉱砂の輸入量が急増した。税関総署によると、1~6月、全国の銅鉱砂とその精鉱の輸入量は前年同期比8.6%増の1,248万tだった。全国のアルミ鉱砂とその精鉱の輸入量は同18.1%増の6,520万tだった。

ページトップへ