閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ジスプロシウム ジルコニウム テルビウム ネオジム プラセオジム レアアース/希土類 タンタル ニオブ
2022年8月16日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:加Monumental Minerals社、Jemiレアアースプロジェクトの衛星データ解析を完了

 2022年8月10日付けのニュースリリースにて加Monumental Minerals社は、Jemiレアアースプロジェクト(Coahuila州)のマルチスペクトル衛星データの解析を完了したと発表した。同プロジェクトではこれまでに、経済的ポテンシャルが期待されるジスプロシウム、テルビウム、ネオジム、プラセオジムのほか、タンタル、ニオブ、ジルコニウムを変則的に含むレアアースが捕捉されている。今回、機械学習を用いたマルチスペクトル衛星データの解析により、高品位レアアースの分布が可視化された結果、新たな鉱徴地の特定に繋がり、2022年8月以降に開始が予定されている探鉱プログラムに活用されることとなる。プログラムにはマッピング、地球科学データ収集、空中放射能探査が含まれ、これらから得られる結果は、2022年第4四半期に予定されているボーリング調査のターゲット特定に向けた基礎となる。
 Monumental社のJamil Sader CEOは、中国や欧米諸国との貿易および政治関係が悪化し続けていることに加え、レアアースのスポット価格が高値で安定していることを強調したうえで、Jemiプロジェクトはレアアース国産化実現の可能性があることから、開発にはより大きな意義があるとコメントした。

ページトップへ