閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2022年8月19日 ヨハネスブルグ 栗原政臣

DRコンゴ:加Ivanhoe Mines社、2022年第2四半期決算を発表

 2022年8月15日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、2022年第2四半期、同社は過去最高益351.5mUS$を計上した。DRコンゴKamoa-Kakula銅鉱山において第2四半期に過去最高の85,794tの銅を販売し、494.1mUS$の収益をあげた。2022年上半期、Kamoa-Kakula鉱山では平均銅品位5.59%の鉱石が約3百万t処理され、銅生産量は142,916tであった。2022年7月の生産量は過去最高の32,877tで、年産銅量に換算すると387,100tとなる。Kamoa-Kakula鉱山(鉱区面積400km2)に隣接するWestern Foreland鉱区(面積約2,407km2)の銅探査プログラムは継続中で、2022年第2四半期中に39孔、合計7,539mのダイヤモンド試錐を完了した。

ページトップへ