閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2022年8月26日 リマ 初谷和則

ボリビア:リチウム公社総裁、Coipasa塩湖とPastos Grandes塩湖の資源量を2022年中に報告と発表

 2022年8月17日付け現地紙によると、ボリビアリチウム公社(YLB)のRamos総裁は、ラジオ番組において、Coipasa塩湖(Oruro県)とPastos Grandes塩湖(Potosi県)でリチウム探査作業を進めており、2022年中に資源量が報告できることを期待していると述べた。また、Potosi県において、リチウム探査に加え、水処理プラント建設やその他プロジェクトを、1,000mBOB(ボリビアーノ:約143.68mUS$)超を投じて実施すると説明した。
 Potosi県Uyuni市に建設中の炭酸リチウム産業プラントについては、2023年の操業開始を目指し、2022年中には完成予定であると述べた。

ページトップへ