閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2022年9月14日 バンクーバー 佐藤佑美

加:QC州Raglanニッケル・銅鉱山ストライキが収束、通常操業へ

 2022年9月8日付けプレスリリースによれば、Glencore CanadaのQC州Raglanニッケル・銅鉱山に従事する630名が加盟する労働組合(United Steelworkers Union Local 9449、以下USW第9449支部)が同年8月26日付けで労働協約の暫定合意に至ったことを受け、同年5月27日以降15週間にわたり継続していたストライキが収束した。USW第9449支部の発表によると、新たな労働協約は組合員の60.7%により支持され、基本給の引き上げ(初年度に6.8%、2・3年度に3.5%、4・5年度に3%)や従来請負業者が雇用されていた一部役職における組合員の採用、2週間おきの連続勤務・休暇スケジュールの導入などが規定された。同鉱山では、2022年9月12日からの通常操業が予定されている。

ページトップへ