閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム レアアース/希土類
2022年9月21日 バンクーバー 武市知子

加:Ucore Rare Metals社のレアアース分離実証施設、2022年Q4に試運転を開始予定

 2022年9月15日付の現地報道によると、加Ucore Rare Metals社は、子会社のInnovation Metals(IMC)社が開発する希土類分離技術「RapidSX」の商業化実証施設「Strategic Metals Complex(SMC)」が、2022年Q4にON州で試運転開始を予定していることを発表した。なお実証実験は現在、両社の研究パートナーである加Kingston Process Metallurgy(KPM)社がON州Kingstonで保有する施設において進められている。
 最終的には、約465m2(約5千ft2)に及ぶKPM社の商業化実証施設(CDF)を、SMCとして使用される。同施設では2024年末までに2千t、2026年までに5千tのレアアース酸化物を生産する予定である。重希土類や軽希土類などの様々な原料から、数十t/年の混合レアアース精鉱を処理し、また限定的に、プラセオジム、ネオジム、テルビウム、ジスプロシウムの酸化物も生産できるように設計されている。

ページトップへ