閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2022年9月22日 バンクーバー 佐藤すみれ

グアテマラ:Cerro Blanco金プロジェクトの開発に係る住民協議で反対多数も、エネルギー鉱山省は協議の無効を主張

 2022年9月19日付け業界紙によると、加Bluestone Resources社が保有するCerro Blanco金プロジェクトの開発に係る住民協議が実施され、反対多数で非承認となったものの、エネルギー鉱山省はこの協議の有効性を認めない旨発表した。報道によると、この協議はAsunción Mita自治体で行われ、鉱山開発に対する反対票は全体の88%にのぼった。しかしながら、エネルギー鉱山省によると、Asunción Mita議会はその管轄内での鉱山プロジェクトに関する決定権が法的に認められていないため、当問題について地元住民に判断をゆだねることは不適切であると指摘した。
 Bluestone Resources社の現地法人Elevar Resources社のBob Gillマネージングダイレクターは声明の中で、今回の協議プロセスは明らかに違法であると指摘し、「偏った住民投票を利用し、責任ある鉱山プロジェクトに疑念と不安を抱かせようとするこれらの団体の行為には失望した」と怒りをあらわにした。
 Cerro Blancoプロジェクトは、グアテマラとエルサルバドルの国境に位置し、報道によると、環境保護団体は、鉱山開発によってGuija湖やエルサルバドル首都の主要な水源であるLempa川など、両国が共有する水域が汚染されることを懸念している。

ページトップへ