閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
マンガン
2022年9月30日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:墨Autlán社のマンガン鉱山で3週間以上にわたる道路封鎖が継続

 2022年9月28日付け現地紙によると、墨Autlán社がHidalgo州に保有するマンガン鉱山のアクセス道にて、同年9月5日以降住民による封鎖活動が継続している。鉱山に隣接するIxcotla地区の住民らは、ダイナマイトの使用による住居の損傷や、運搬車両による道路の損壊に対する賠償のほか、車両通行料や住民の社会保険制度加入等をAutlán社に対し要求している。また、Ixcotla地区と鉱山が位置するNaopa地区のコミュニティの間で発生している水資源をめぐる問題も本件に関連しているとみられているが、現地紙によると、鉱山操業による直接的関係は確認されていない。
 Autlán社が2022年9月25日に発表した声明によると、同社はIxcotla住民に対し、解決に向け複数の提案を行ったものの、指定した期限までに回答は得られなかったほか、同社にとって実現不可能かつ法的枠組みに基づかない不当な要求が継続しているという。よって、現在は無期限操業停止に向け計画を進めていると説明された。
 行政側の反応として、Hidalgo州政府は、対話を通じた合意形成を目指すと発表した。一方で、地元Molango自治体の首長は、本件が自治体ではなくコミュニティ間で発生した問題で、その責任はAutlán社側にあると主張し、対応を拒否している。

ページトップへ