閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2022年10月25日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:Sonora州知事、リチウム産業関連の税制優遇措置創設を否定

 2022年10月20日付け業界紙によると、Alfonso Durazo Sonora州知事は、国営リチウム公社Litio para México社(LitioMx)の設立により、同州では民間企業との協力の下、リチウムの探鉱および開発促進を図る一方、いかなる税制優遇措置も導入しないとの意向を示した。このことは、2022年10月18日に行われたSonora州鉱業大会の開催式において明かされた。Durazo知事は、同州でバッテリーや電気自動車関連の新たなサプライチェーンが構築されることを期待する一方、州の税制優遇政策実施については否定し、民間企業にとってLitio Mxと業務提携できること以上の優遇はないとの理由を述べた。さらに、LitioMxと提携できる条件として、「Sonora州で採掘されたリチウムの利用を州内に留めること」と意見した。
 現在連邦政府は、Sonora州にて再エネ発電事業とリチウム生産の推進を図る、通称「ソノラ計画(Plan Sonora)」を推進中であり、Andrés Manuel López Obrador大統領は、LitioMxの本部を同州に設立するほか、Durazo知事を公社の調整役に任命したことを発表している。

ページトップへ