閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
カリウム その他 マグネシウム リチウム
2022年11月10日 モスクワ 小松弘希

ロシア:地下水からの希少鉱物の抽出を可能とする地下資源法の改正法案が審議

 2022年10月28日付けの報道等によると、地下水からの希少鉱物の抽出および抽出後の地下水を元の岩層に戻すことを可能とする地下資源法と生産・消費廃棄物法の改正法案が、同月27日に下院・第一読会を通過した。同法案は、2022年8月4日に国会に提出されていた。
 天然資源環境省のTetenkin副大臣によると、リチウム、マグネシウム、ヨウ素、臭素、カリウム等の有用成分を地下水から抽出し、抽出後、地下水を元の岩層に戻すことが法的に可能になる予定である。これにより企業は、「クローズドサイクル」での鉱物の生産操業を行うことができる。
 これに先立ち2022年8月30日、政府は戦略鉱物資源リストを更新し、登録鉱種を29種類から61種類に拡大していた。Kozlov天然資源環境大臣は、戦略的に重要な鉱物資源の輸入依存から脱却し、国内供給に切り替えることが、新たな経済環境下における優先課題であると述べ、今回の地下資源法の改正を、この手段の一つとして位置付けている。

ページトップへ